介護で悩んでいる人におすすめ!読めば気持ちが楽になる介護&認知症ブログ5選!

シェアする

介護認知症ブログ

こんにちは。ゆうです。

介護をしていると自分の世界が狭くなり孤独な気分になるものです。

しかし、世の中には自分と同じ様に(自分よりも大変な状況で)親や家族の介護をしている方もたくさんいます。

最近はSNSを利用している人が増えていますが、介護生活の日常や工夫などを書いているブログも多く存在します。

今回は介護に悩んでいる方が参考にしたい「介護ブログ・認知症ブログ」についてまとめてみました。

40歳からの遠距離介護

介護作家・ブロガーである工藤広伸さんのブログ。様々なメディアにも取り上げられている方です。

内容は心情的な部分だけでなく、“介護者目線”の「具体的かつ実用的」なとても役に立つ情報も多く書かれています。

認知症であるお母様を遠距離介護されているので、「一緒に住めないけどどうやって介護をすればわからない…」と遠距離介護で悩んでいる方にもおすすめです。

工藤さんと同じく私も介護をきっかけに離職したので、個人的には「退職の理由は介護です!」と面接で言ってみた結果という記事などはとても参考になりました。

著書も出版されているので、ご興味がある方はそちらもどうぞ。

▽ブログはこちら
40歳からの遠距離介護

▽医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得

▽医者は知らない! 認知症介護で倒れないための55の心得

13番さんのあな~介護家庭の日常~

主婦の山田あしゅらさんが運営するブログ。

問題行動が多いおじいちゃんと、認知症のおばあちゃんの介護の日常がほのぼのとしたタッチのイラストと共に書かれています。

介護のちょっとした困り事と解決方法などが、タブレットで書かれたイラストなども手伝って読みやすくわかりやすい。

(文字だけだとわかりにくいことも多いですよね。)

ちなみにブログによると、「13番さん」の由来は「じいさんばあさん」→「13番さん」という意味らしいです。

アメブロ公認ブロガーという点もすごい。

▽ブログはこちら
13番さんのあな~介護家庭の日常~

若年性アルツハイマーの母と生きる~岩佐まりオフィシャル介護ブログ~

フリーアナウンサーの岩佐まりさんが運営するブログ「若年性アルツハイマーの母と生きる」。

要介護4で重度のアルツハイマー型認知症のお母様の介護をしながらお仕事もされています。

短い文章の日記形式で書かれているブログなので、サクサクととても読みやすいです。

具体的な介護テクニックを知るためのブログではありませんが、「介護を楽しむための視点」が感じられる微笑ましい内容です。

▽ブログはこちら
若年性アルツハイマーの母と生きる

▽若年性アルツハイマーの母と生きる

7人家族の真ん中で。

バニラファッジさんが運営する「7人家族の真ん中で。」

総アクセス数2億を超えるほどの人気ブログです。

シンプルなイラストで4コマ漫画の様な雰囲気で書かれていてこちらも読みやすい内容。

ページボリュームが多く、登場人物がそれぞれキャラクターが立っているので普通に漫画として読んでも面白いです。

▽ブログはこちら
7人家族の真ん中で。

▽7人家族の真ん中で。

猫とビターチョコレート

だださんが運営するブログ「猫とビターチョコレート」

2013年から始まった要介護5であるお母様の介護の日々を綴っています。

個人的に興味深かったのは2人で1台のバイオリンを弾く「2人バイオリン」ですね。

元バイオリン教師であるお母様と2人でバイオリンを引くという試みが面白いです。

できない事ができる様になる事も大切かもしれませんが、1人でできなくても2人でできる様になるというのは優しさに溢れていますね。

▽ブログはこちら
猫とビターチョコレート